飼育下のカバは、よく歯磨きをしてもらっている姿を見かけます。

野生では、歯磨きなんてしてくれる人は居ないと思いますが、なぜ歯磨きをするのでしょう?

必要なのでしょうか?

その秘密を探ってみましょう。

カバの歯

カバの歯は、黄色いエナメル質に覆われています

舌の下から外に突き出ている歯は、草を根元から掘り起こす、いわゆる「シャベル」的な役割をします。

上下のあごから突き出ている犬歯は、草を切るいわゆる「はさみ」の役割をします。

口の奥にある奥歯は草をスリ潰すいわゆる「石臼」の役割をします。

長い牙は、メスを奪い合ったり、肉食獣を追い払うときに使います。

カバの犬歯は、「一生伸び続ける」と言う特徴があります

しかし、伸びる分削れてしまうので、ほぼ一定の長さを維持します。

野生下では、硬い木の根っこ等を自分で採食する事により、生え続ける歯を削る事が出来ます。

しかし、飼育下では栄養価やその他の理由で柔らかい餌を与えています。

そこで、伸び続ける歯をコントロールする必要性があります。

歯磨き

歯磨きの理由は幾つかあるようです。

飼育下の餌では、伸び続ける歯を自分で自然に削る事が出来ません

これが、毛羽の歯磨きの理由になっているようです。

実際は、伸びた歯を削る。と言う作業になるようです。

勿論、削れないので野生下のカバよりも歯は、汚れたままになっているかと思います。

削らないと、歯が口腔内に当たり口の中で炎症を起こし、食欲や元気がなくなってしまします

そのままにしていると、突き刺すこともあるようです。

「汚れや、伸びた歯を磨いて削る」が「カバの歯磨き」の理由の一つであります。

カバの様子を見ていたら、気持ち良さそうですね。

私たちでも歯が伸び続けるのならば、口の中に違和感を感じ、削る事でその違和感が無くなれば、「またやってくれ」となりますものね。

スポンサードリンク

その他の理由

現在、人間の子供たちに歯磨きをさせる為の「イメージキャラクター」的要素も高くなってきた「カバの歯磨き」です。

本来の目的である「削る」要素から、「磨く」要素の強い「パフォーマンス」を行っている場合もあるのではないでしょうか。

歯を削る為に「口を開けたら気持ちがいい事があるよ」と躾をしていた飼育員さんの努力(カバは猛獣ですから、歯磨き中に口を閉じられたら大事故につながります)が、集客力にも発揮されて、私は「一石二鳥」になっていると思います。

また、歯磨きによりカバの口腔内を直接目視する事による「健康チェック」にもなっています。

まとめ

動物を飼育することによる「お世話」には、その個体別にいかに自然の状態に近く飼育するか、と様々な視点から見て行わなければならないことが有るようです。

歯磨き一つにしても、その理由に基づいて行なわれていると言う事です。

このような飼育員さんの努力により、安全に飼育下の動物を鑑賞出来ていると言う事だと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク