ネットサーフィンを楽しんでいると思いもかけない動画や画像を見つけることがあります。

カバのことを調べていて、カバはあのユーモラスな体躯に似合わず、獰猛だったり、ワニが天敵としてカバを避けていたりと、意外なことがわかりました。

しかし動画には、獰猛なカバらしくない他の動物を助けるというやさしさもあることを知らせてくれました。

感動した動画

ヌーという鹿に似た動物が、水を飲みに来た川でワニに襲われました。

逃れようと必死に抵抗するヌー。相手はワニです。

足をつかまれずるずると川に引き込まれます。それでも抵抗するヌー。

どちらも必死です。

これが自然界なのでしょうか、力つきそうになったヌー。

ここにカバが登場します。

2頭のカバがワニを蹴散らすのです。

ワニの方もせっかくのごちそうを横取りされるのかと今度はワニが抵抗します。

実力の差、でワニは退散。

しかし、カバの奮闘の甲斐なくヌーは息絶えます。

動画を撮影した夫婦は、カバは危険な動物だと思っていたが、実際にこんな光景を見てただ感動した、とメッセージを書いていました。

スポンサードリンク

本当のところはどうなのでしょう

カバは縄張りに侵入したものには容赦しません

相手がワニであろうが、小さな動物であろうが、同じです。

その習性がこの行動に出たのだろうという解釈もあるようです。

実際、他の動画ではインパラを助けたカバは、終了部分では蹴散らすように追い払います。

インパラも一目散に逃げていきます。

人間の倫理を動物に適用するのは危険なことです。

ペットとして飼っている犬や猫であっても、人間とは違う理由で行動しています。

小さくてかわいいと思っている猫でも、機嫌を悪くすると噛みついたり引っ掻いたりして深い傷を負わせます。

機嫌のありどころなど、人間の考える範囲では考えられないことがあります。

考えてもわからないことが多いのです。

まとめ

カバの他にも豚が鹿を助けたり、イルカが犬を助けたりと感動の動画はたくさんあります。

確かに人間の感情で見れば、映画を見るような感動があります。

しかし、本当に人間が他の動物を助けるような感情で動いているのか確かめることは必要だと思います。

カバで言えば縄張りを荒らされるのは、生活を脅かされるのと同じことですから。

それが自分より強かろうが弱かろうが同じことなのです。

人間に飼い慣らされた動物でも同じです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク