カバがいる動物園は多くあります。

大人しいイメージを持ちやすいですが、凶暴な一面も持っている動物です。

そんなカバは、どのような飼育方法で育てるのでしょうか?

動物園でのカバの飼育方法についてご紹介します。

カバの飼育のために必要なもの

カバの生活には、野生と同じような環境が必要です

カバを飼育するために動物園に準備するべきものをご紹介します。

陸地と水場

カバは陸上と水中の両方で生活をします

カバは肌が乾燥すると病気にかかる可能性もあるので、水場がなければいけません。

なので、動物園でカバが暮らしているところには陸地と水場の両方が準備されています。

十分な広さと深さのプール

カバは、体調4メートル程あり、体重は3,000kgを超えるものもいます。

そんな大きな身体を支えているので、陸地では足への負担が大きくなっています。

水中に潜るのは、その疲れを癒すためでもあります。

プールの水を綺麗にするための浄水器

カバは水中で糞をすることも多いので、すぐに水が汚れてしまいます

肌を常に濡らしておかないといけないので、水中にいることも多いです。

汚れた水の中で長く過ごすと病気にもかかりやすくなってしまいます。

そのため、プールの水を常に綺麗な状態で保つために浄水器が必要になります。

スポンサードリンク

カバの飼育で気を付けること

カバを飼育する際に気を付けるべきことを挙げていきます。

オスは複数同時に飼育しない

同じ場所でオスを同時に飼育しない方がいいようです。

カバは縄張り意識が強い動物です

その時の争いはオスがします。

なので、オス同士を同じ場所で飼育すると争い合う可能性があるようです。

屋内と屋外を行き来できる方が望ましい

カバは温暖な地域に生息しています。

気温が低い状態にさらされると体調を崩すこともあるようです。

一方で、太陽光を浴びないとビタミンが上手く生成されずに体調を崩してしまいます

外気に当たる場所で日中を過ごし、夜は屋内に入れることもあるようです。

まとめ

カバを飼育する場合は、陸地と水場の両方が必要です。

しっかりと潜れるほどのプールが必要で、水を綺麗に保つ機能も必要です。

気温が低い状態が苦手な一方で、太陽光を浴びる必要もあります。

なので、室内と室外を行き来できる動物園もあるようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク