カバの赤ちゃんがどのように過ごして成長するのかをご紹介します。

カバの赤ちゃんの過ごし方

カバの赤ちゃんが成長していく過程をご紹介します。

子どもの時は群れの中で過ごす

カバは縄張りの川の中で群れで過ごします。

カバの赤ちゃんは母親と一緒に川の中央付近で過ごします

何歳まで母親に育てられるのか

カバの赤ちゃんは、生後5か月頃まで母親の母乳で育ちます。

授乳は水中で行い、7歳くらいまで母親のそばで大切に育てられます

オスの場合は性成熟をきっかけに群れを離れる

カバのオスの赤ちゃんが性成熟すると、ボスのオスが群れから追い出すようです

成人した時の儀式のようなもののようです。

スポンサードリンク

カバの赤ちゃんの生態

カバの赤ちゃんが生態についてご紹介します。

牙は1歳頃から生えてくる

カバの赤ちゃんの牙は1歳頃から生え始めます。

生後5か月くらいまでは母乳で育つのは、牙が生え始めるのが1歳からだからのようです。

力比べは遊び感覚で

カバと言えば、大きく開く口が特徴です

オス同士が争っている映像では、口を大きく威嚇しているシーンをよく見ます。

噛む力もとても強いので、カバの力の象徴とも言えるでしょう。

カバの赤ちゃんは小さい頃から、遊び感覚で口を大きく開けて力比べをするようです。

性成熟するまで

カバの赤ちゃんが性成熟をするのは、オスとメスで時期が異なります。

オスは7歳頃で、メスは6歳頃です。

大人になってから

オスであれば7歳の性成熟を機に群れを離れます。

自分で縄張りを作れなければ、他のオスに服従する形で新たな縄張りへと入ることになります。

メスは2年~3年おきに出産するようです。

1回の出産で1頭生むのが通常ですが、稀に2頭生まれることもあるようです。

まとめ

カバの赤ちゃんは縄張りの川の中央で、母親のそばで大切に育てられます。

生後5か月までは水中で母乳をもらって育ちます。

1歳頃から牙が生え始めます。

カバの赤ちゃんは遊び感覚で口を開いて力比べをします。

性成熟の時期はオスとメスで異なり、オスなら7歳、メスなら6歳です。

オスは性成熟を迎えることで群れから離れます。

性成熟したメスは、母親と同様のことを繰り返し行っていきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク