カバが耳を動かしているところを見たことがある人もいるのではないでしょうか。

カバが耳を動かす理由について調べてみました。

カバの耳の使い方

カバは耳を何に使っているのかを挙げていきます。

カバは水中では耳を塞ぐ

カバは泳げるので、水中にいることもあります。

耳に水が入るのを防ぐために、水中に潜る時は耳を畳んで塞ぎます

自由に動かせるので、普段の生活にも活かしているようです。

水抜きのため

カバは水中では耳を塞ぎますが、それでも水が入ることもあります。

なので、陸に戻った時に耳を動かすことで耳に入った水を出しています

人のように、手で頭をトントン叩けるわけではないので耳自体を動かして水抜きをします。

ハエなどを追い払う

カバの皮膚には寄生虫などの虫がいることもあるので、ハエなどが寄ってくることがあります。

人に置き換えると良く分かりますが、耳の傍に寄ってくると払いたくなるものです。

カバの場合は耳を動かすことで追い払っているようです。

スポンサードリンク

カバが耳をくるくる動かすのはなぜか

カバは耳を自由に動かしますが、くるくる回すように動かすのはどういった時なのかをまとめてみました。

カバは耳を動かす機会が多い

カバは生活の中で耳を動かすことが多くあります。

水中に潜るだけでも、耳を塞ぐために畳みますし、陸上でも動かす機会があります。

カバが耳を自由に動かせるのにはしっかりと理由があります。

カバが耳を回す理由

先に挙げた中に、カバがくるくると耳を動かす理由があります。

それは、水抜きとハエなどを追い払うためです

耳の中に水が入ると少し動いた程度では抜けない時もあります。

足を使って水を出せるわけではないので、耳をくるくる回すことで水抜きをしているようです。

ハエに関してもそうです。

足を上げて追い払うことができないので、寄ってきたハエを耳を動かすことで追い払っています。

まとめ

カバが耳をくるくると動かしているのは、耳に入った水を出す時やハエなどを追い払うためです。

生活の中で耳を動かす機会は多いようですが、回しているのにもしっかりとした理由がありました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク