動物園で人気者のカバですが、寿命はどれくらいか知っていますか?
カバの生態や寿命について調べてみました。

カバ 野生 寿命

カバの生態について

野生のカバは、アフリカに生息している動物です
水陸両用の動物と言われているカバの生態はどのようなものなのでしょうか?

カバの赤い汗について

カバは赤い汗を流すと言われています。
血の汗に用に見えますが、この汗は至って普通なのです。
カバには汗を出すための汗腺がなく、ピンク色の粘液を体から出しているのです

皮膚の感想や最近の感染を防ぐ他、紫外線を遮る日焼け止めの効果としてもすぐれた働きをもたらしてくれます。

尻尾で糞をまき散らす行動

カバのオスは左右に尻尾をブルブル激しく振り、糞をまき散らす行動を起こします。
それによって、周囲に自分の臭いを付けて縄張りを張るのです

陸でもこの行動を起こすのですが、もちろん水中でもこの行動を起こし、縄張りを作ります。

動物園でもこの行動を起こすため、カバの周りはすぐに汚れてしまいます。

スポンサードリンク

カバの寿命はどのくらい?

カバの生態には不思議がたくさんあります。
野生のカバは凶暴な性格で、多くの被害者を出しています。

そんなカバはどこまで生きられるのでしょうか。

カバの寿命

動物園で飼育されているカバの平均寿命は約50年と言われており、野生のカバの平均寿命は約45年、飼育下のカバの寿命の方が若干長生きするのです

ちなみに、カバの長寿情報で一番長寿のカバの年齢は推定で58歳で、石川動物園の「デカ」と言うカバが最も長寿だと言われています。

まとめ

カバの寿命は平均で50歳まで生きることが出来ると言われいます。
野生では45歳と、飼育されているカバに比べて、若干寿命が短いようです。

飼育されているカバの中で最も長寿なカバの年齢は推定で58歳、石川動物園の「デカ」が最も長寿のカバとして言われています。

水陸両用で、見た目からは想像できないくらいに凶暴な性格をしていて、自分の縄張りを作るのに、尻尾で糞をまき散らす習性を持っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク