動物園では定番のように見かけるカバですが、本来はどこがカバの生息地として言われているのでしょうか?

カバ 野生 生息地

カバはどこに生息しているの?

カバの生息地はどこなのでしょうか?
カバについて調べてみました。

カバは水陸両用の動物

カバは水陸両用の動物として言われています。
陸上にいる時は、水か泥で定期的に体を濡らしてあげないと、皮膚がひび割れになってしまいます

カバの皮膚の暑さは6cmと、すごく分厚い皮膚をしていますが、紫外線には非常に弱いのです。

カバの特徴はなんといっても、巨大な口です
150°まで開き、牙も絶えず成長しています
牙の長さは長いものでは約60cmまで成長し、重さも3kgまであると言われています。

スポンサードリンク

カバはどこに生息しているの?

カバはアフリカ出身の動物です
アフリカの中部から南部の湖や河川、沼などの水辺近くに生息しており、体調は3~4mのものが多いです。

アフリカでは野生のカバに対する犠牲者が多いと言われており、カバの性格は非常に危険なので、注意しなければいけません。

カバにとっての楽園

アフリカのウガンダの赤道直下には、カバの楽園と呼ばれる場所があり、クイーン・エリザベス国立公園のカジンガ水路と言うところにあるエドワード湖とジョージ湖を結ぶ天然の水路はカバにとって居心地のいい場所として言われています

大量のカバがそこに生息しており、まさにカバの楽園と言ってもいいでしょう。

水路の流れも非常に緩やかで、カバにとって非常に暮らしやすい環境が整っており、カバの楽園としてふさわしい場所だと言われています。

まとめ

日本の動物園では定番のように見ることが出来るカバですが、カバの生息地はアフリカにあります。

イラストのように温厚な性格とは裏腹に、すごく凶暴な性格をしており、野生のカバに対する被害者も、アフリカでは多くの人数の被害者が出ていると言われています。

アフリカの中でも、ウガンダの赤道直下にカバの楽園と呼ばれる場所があり、世界一生息密度が高い場所として知られているのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク